本文へスキップ

TEL. 0737-62-4148

〒643-0004 和歌山県有田郡湯浅町湯浅1985


新着情報
     

2019年 9月10日
本校代表生徒が、国際博物館会議京都大会、オフサイトミーティングで発表!

9月5日、本校より4名の生徒が「ICOM京都大会2019CECAオフサイトミーティング」に参加しました。英語での発表ではあったものの、「世界津波の日2018高校生サミットin和歌山」での経験についてパワーポイントを用いてわかりやすく説明することができました。こうした活躍を通して、深い国際感覚を養ってもらいたいです。

(会場での発表の様子)

(文部科学副大臣、浮島とも子議員と共に。左から3年6組芝幸志朗、中上未悠、平松星月、3年1組西菜月)


2019年 9月9日
令和元年学校説明会について

こちらをご覧ください。
学校説明会(中学生用)
学校説明会(中学校進路担当者用)
2019年 9月9日
       

耐久高校 “芸術鑑賞会”で「kogakusyu 翔」さんの演奏を体験!


芸術鑑賞会で“kogakusyu 翔”さんの演奏を聴きにいきました。和太鼓と私たちが聞き慣れているドラムやベースなどを組み合わせた演奏で、今までに体験したことのない感覚でした。
私は、前のステージで和太鼓の演奏体験をさせていただきました。時間にしてほんの10分ほどの体験でしたが、それだけで私の腕はパンパンになりました。これをプロの方々はアンコールも含めて6曲演奏してくれたのはかなりの体力が必要だと感じました。また、和太鼓を叩くのは本当に大変なことだということもわかりました。終始、和太鼓の凄さに圧倒され、音楽の演奏で初めて鳥肌が立ちました。貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。
3年 池尻奈々

今回の芸術鑑賞会は、本当に良かったと思いました。理由は2つあります。1つ目は、和楽器と洋楽器を組み合わせた新しい音楽に出会えたことです。どちらか一つでもかっこいいですが、両方の楽器を組み合わせた曲はそれ以上にかっこよかったです。二つ目は、演奏者の方々の「夢」についてのお話を聞けたことです。私は夢を叶えることに逃げてしまいそうになる時があります。しかし、今日のお話しを聞いて、その夢を叶えるために頑張ってみようかなと思うことができました。
 2年 山下知里

演奏は、音、動き、光など様々な演出がなされていて、とてもわくわくしました。和と洋を合わせた演奏を初めて聴くことができ、とても新鮮でした。音楽は、よくYoutubeなどで聴くのですが、こうして目の前で演奏を聴くとやっぱり違いました。なによりも僕たちが手拍子などで演奏に参加して一体感が生まれたのが素晴らしいと思いました。和太鼓のパワフルな演奏もあれば、篠笛などで心地よい静かな演奏もあって「静」と「動」を感じることができました。最後の曲などは、歌もあり、リズムがよく、とても楽しかったです。また、演者の方がたとえ努力が報われなくてもその過程で得るものが多いというお話も聞けて、これから僕も積極的に努力していきたいと思いました。
1年 片山知之

2019年 9月9日
       

「美術部」大阪の美術館へ作品鑑賞に行ってきました。


美術部1・2年生で「大阪国立国際美術館」と「あべのハルカス美術館」へ鑑賞に行きました。それぞれの展示では、様々な画風や表現方法をたくさん鑑賞することができました。美術部の絆もより一層深まったように思います。楽しい一日でした。
美術部部長 福本美雨

2019年 8月30日
       

2020年度学校案内を更新しました


こちら()をご覧ください。

2019年 8月30日
       

サッカー部、今年初参戦!「新宮サマーサッカーフェスティバル」(8月7日~9日) 令和元年度の取組がスタート

今年は奈良県吉野郡下北山村への合宿に加え、新宮市内で開催された新宮サマーサッカーフェスティバルに参加しました。紀南地域の高校に加え、大阪府や、三重県など県外の高校が多数参加し、各リーグに分かれて試合を行いました。プレイヤー人数14人での参加となり、一日3試合をこなすのはなかなかハードでしたが、夏休み中に掲げている課題克服に向けてゲーム形式で取り組めるよい機会となりました。また、普段なかなか試合することのできない県外チームともゲームをすることができ、秋の選手権大会に向けて心身ともに高めることができました。 (サッカー部顧問 辻井誠)


2019年 8月26日
       

全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」に向けて  令和元年度の取組がスタート

 2021年度の和歌山県で開催される第45回全国高等学校総合文化祭に向けて生徒企画委員が選ばれ、7月14日に県民文化会館で第1回生徒企画委員会が開かれました。 耐久高等学校からは、1年生の池永実優さん、増田 凜さんの2名が選ばれました。全体会で、県内39名の生徒企画委員を代表して池永実優さんが、宣誓を行い「和歌山県の高校生にしかできない全国高総文祭を実現できるよう、一人一人が精一杯努力します。」と決意を述べ、第1回委員会に臨みました。          (亀井真竜)



2019年 8月23日
       

中学生とのサッカー合同練習会(8月23日)

 箕島中学校、保田中学校のサッカー部と合同練習会を行いました。小雨が降る中でしたが参加生徒32人で練習会を行い切磋琢磨しました。中学生が高校生相手にも動じず、ひたむきにサッカーする様子が印象的で、高校生も負けじとプレーし、お互い良い刺激になりました。中学・高校と地域の繋がりを大切にこれからも続けていきたいと思います。
(サッカー部顧問 兵衛和樹)



2019年 8月20日
       

マンドリン部 全国コンクールで努力賞、2019さが総合文化祭に出場

 マンドリン部は、7月25日、26日に行われた全国ギター・マンドリン音楽コンクールに出場しました。3年生にとってはこれが最後のコンクールとなり、結果は努力賞でしたが悔いのない演奏ができました。
 また、7月28日、29日に佐賀県で行われた2019さが総合文化祭にも参加しました。コンクールから1日しか練習期間がありませんでしたが、全国コンクールの反省を活かして、トレモロやストロークの数をパートごとに合わせることにより、さらに一体感のある演奏をすることができました。来年度の全国コンクール、総合文化祭に向けて、部員一同さらに技術に磨きをかけていきます。応援してくださった皆様、ありがとうございました。




2019年 8月16日
       

サッカー部、今年も行ってきました 下北山夏合宿(7月27日~29日)

 昨年に引き続き、今年も奈良県吉野郡下北山村にあるスポーツ公園にて2泊3日の合宿を行いました。気温が和歌山に比べ3℃位涼しくサッカーに集中できる環境でトレーニングしました。「自身の甘さを消す」をテーマとして早朝からの走り込み、夕方を含め5部練のトレーニング、食事面・身体づくり面での意識向上など、秋の選手権大会に向けてチーム力を高めました。 (サッカー部顧問 兵衛和樹)


2019年 7月25日
       

軟式野球部 春に続き夏の大会でも準優勝

 耐久高校軟式野球部は7月20日から23日にわたって開催された、「第64回全国高等学校軟式野球選手権 和歌山大会」に出場しました。シード校である耐久は21日に新宮高校と対戦し、1-0で勝利。22日に行われるはずだった決勝戦は雨天のため順延となり、23日に、春季大会の優勝校である南部高校との決勝戦に臨みました。  春季大会の決勝戦と同カードの対戦ということで、『必ず雪辱を果たし、近畿大会への出場権を勝ち取る』という強い思いをもってチーム一丸となりプレーしましたが、やはり王者・南部高校は一枚上手。こちらは全力を出し尽くしましたが、得点には至らず、2-0で敗れ、準優勝となりました。応援してくださった皆様、ありがとうございました。  3年生2名はこの大会で引退となります。もちろん悔しさはあるでしょうが、試合後はすがすがしい表情を浮かべていました。春の大会以上に相手と渡り合えたことは、自信と誇りになったことでしょう。3年間の部活動で身に付けたことを、今度は進路実現という形で発揮してもらいたいと思います。  これからは2年生、1年生が主体となっての部活動となります。新たなチームの目標はもちろん秋季大会の優勝。さらに勢いを増して練習に打ち込んでまいります。引き続きの応援よろしくお願いいたします。 (軟式野球部 監督 玉置) (軟式野球部 部長 田中)


2019年 7月18日
       

水上競技部 近畿大会出場

  7月21日から23日にかけて、兵庫県尼崎スポーツの森にて近畿大会(水球)が開催されます。インターハイ予選となるこの大会へ和歌山県より男女の出場となります。 日ごろの厳しい練習の成果を十分に発揮し、卒業生や関係者の皆様のご協力への感謝を胸に、和歌山県を代表していることの自覚と、耐久高校生としての誇りをもって戦いたいと思います。 監督として、選手・マネージャーの力が存分に発揮されることを楽しみにしています。 (水上競技部顧問 酒井 環)


2019年 7月17日
       

陸上競技部近畿大会出場

 5/31(金)~6/2(日)に行われた和歌山県高等学校陸上競技対校選手権大会において、女子やり投で第6位に入賞し、近畿大会に出場しました。  また、7/13(土)・14(日)に行われた和歌山県陸上競技選手権大会において、女子1500mで第4位に入賞し、9/7(土)・8(日)に大阪府で行われる近畿大会の出場権を獲得しました。  今後は8/16(金)~18(日)に行われる和歌山県高等学校ユース陸上競技対校選手権大会において、各自の自己記録更新と一人でも多く近畿大会の出場権を獲得できるよう練習に励みます。


2019年 7月15日
       

『2019年度 全国高等学校ギター・マンドリン音楽コンクールに出場します』

 マンドリン部は7月25日、26日に大阪府の泉佐野市立文化会館で行われる、全国高等学校ギター・マンドリン音楽コンクールに出場します。今回の演奏曲は、青山涼作曲「オリエントの航跡」という、ヨーロッパからアジアにおいて、航路による異文化交流の際に起こる感動、その歴史に想いを馳せた際に起こる感情を表した曲です。本番までの残り時間もあと僅かですが、部員たちは聴いてくださる方々の心に残る演奏をしたいと、毎日の練習に励んでいます。また、3年生にとってはこれが最後のコンクールとなります。高校3年間の部活動の集大成となる演奏です。今までの練習の成果を十分発揮できるよう、どうか、皆さん応援よろしくお願いします。 (マンドリン部顧問 和田 操)


2019年 7月13日
       

“全国高等学校囲碁選手権和歌山県大会の男子団体戦、男子個人戦に優勝”

  第43回全国高等学校囲碁選手権和歌山県大会が、6月14日、15日の両日開催され、個人戦においては、田中 歩が優勝。団体戦(主将 田中 歩, 副将 井戸端 瑶, 三将 鳥居 剛至)においても優勝しました。7月22日,23日,24日に東京の日本棋院東京本院で開催される第43回全国高等学校囲碁選手権大会に和歌山県代表として出場します。   また、第43回全国高等学校総合文化祭(佐賀大会)には、井戸端 瑶 が和歌山県代表として出場します。全国大会という場に臆することなく、日頃の練習の成果を発揮したいと思います。                  (囲碁・将棋部顧問 柴田 秀作)


2019年 7月12日
       

ソフトテニス部男子団体近畿大会出場

 男子ソフトテニス部です。5月30日に行われた、令和元年度和歌山県総合体育大会ソフトテニスの部、団体戦においてベスト8に入り、7月14日に実施される令和元年度近畿高等学校ソフトテニス選手権大会の団体戦に出場することになりました。初戦は兵庫県立神戸村野工業高等学校と対戦します。  クラブの目標としている近畿大会1勝に向けて日頃の練習の成果を出しきり、チーム一丸となって頑張りたいと思います。


2019年 7月10日
       

たちばな支援学校高校生ボランティア養成講座

 たちばな支援学校高校生ボランティア養成講座、1回目に参加してきました。 そのときに参加した生徒の感想を紹介します。 今まで”障害”という言葉は知っていたけれど、あまり詳しく考えたことがなかったので講座を聞いて、もっと理解を深めたいと思いました。障害にも様々な種類があることを初めて知り、実際に障害のある方と交流してみたいと感じました。(3年 牛居万美)
 たちばな支援学校のことは聞いたことがありましたが、今回初めてこの講座に参加して、障害のある人について初めて知った部分がありました。将来の就職先でも障害のある方と接する機会があると思うので、今回の講座で学んだことを忘れないようにしたいです。(3年 笠松裕司)
 「みんな違ってあたりまえ」ということを改めて知り、それぞれの個性を認め合うことが大切だなと思いました。私は将来、看護師や養護教諭を目指していて、障害のある方と関わることも多いと思っています。その時に今回の講座を生かして、どんな人とも公平に接したいです。(3年 佐々木亜由美)
  障害のある子どもたちが、自分で問題を解決させたい時と、助けてほしい時があることを知りました。何でもしてあげるのではなく、何をしてほしいか聞いたりして行動するのも大切だと分かり、もっと関わり方を詳しく学びたいと思いました。(3年 中西彩華)
  今日の講座に参加して、私も一人で生きているわけではないし、周りから助けられていることはたくさんあるので、もし助けが必要な人や困っている人を見かけたら、積極的に助けたいと思いました。今日の講座では助け合いの大切さを知ることができ、とても良い経験になりました。(3年 蜂谷優羽)
 支援学校の所在地は、初めは県の、北部と南部の方に偏っていたけれど、今では和歌山県全体につくられてきたことで、だんだんと障害のある方が生活しやすくなってきていることが分かりました。また、障害のある方でも助けが必要な人もいるけれど、物事を自分でやりたいと思う人もいることが分かったので次のボランティアで生かしたいです。(2年 石井文菜)
  私は、障害についてあまり知らなかったけれど、今回の講座を通して少しでも知ることができたので良かったです。接し方などを考えて、障害のある方が困っていたら少しでも役に立てるように手伝えられたらいいなと思いました。(2年 大西穂乃花)  
 この講演を受けて、国民の6.7%の方が障害があるとういう事実を知りました。障害とは目に見えるものだけではなく身体や知的、精神など外見だけでは分からないこともあるので、人と関わる時には、理解しようという気持ちや仲良くなりたいという気持ちをもつことが大切だと思いました。(2年 中村美咲)
 障害について学習することで“平等“より“公平”を重視する社会に魅力を感じました。共生社会であることが、私たちとの壁を壊し、障害のある方が自信と強さをもてるのだと思いました。この魅力に感化された自分は、これから手話について学ぼうと思いました。(2年 畑真冬花)
  この講演を聞いて、今まで知らなかったことを知ることができました。障害のある方と交流する上で、まずは相手のことを理解することが大切だと思いました。中には、助けを言い出せない方もいるので、相手の方が困っているときは、声をかけてあげることが大切です。また、私たちはこのことについて周りの人にも伝えていけたら良いなと思います。(1年 夫津木海花)

2019年 7月 9日
       

“バドミントン部”県高校総体で男女団体アベック優勝・インターハイ出場

 6月1日~4日の4日間にわたり、和歌山県高等学校総合体育大会バドミントン競技の部(インターハイ予選)が開催されました。ここ数年間は、団体優勝から遠ざかっており、今年度こそは「男女団体アベック優勝」と目標を掲げ、チーム一丸となり日々の練習に取り組んできました。結果は、男子団体は1回戦~決勝まで1試合も落とすことなく、全試合3-0で勝利し優勝しました。女子団体は準決勝の新宮高校戦で3-2と苦しい試合となりましたが、決勝の那賀高校戦では3-0で勝利し優勝することができました。 また、個人戦においては、男子ダブルスで優勝・3位、男子シングルスで優勝・2位・3位、女子ダブルスで2位・3位・3位、女子シングルスで優勝・3位と多くの選手が上位入賞を果たすことができました。 これらの結果から、男女団体・男子ダブルス1組・男子シングルス2名・女子ダブルス1組・女子シングルス1名が、7月末より熊本県八代市で開催されるインターハイに出場することが決定しました。 日頃から応援してくださっている先生、生徒の皆さん、そして保護者の方々に感謝し今後もより一層頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。 (バドミントン部監督 谷口宏紀)


2019年 5月 28日
       

軟式野球部 県春季大会で準優勝

 耐久高校軟式野球部は5月24日、25日、26日の3日間に渡って開催された、「令和元年度 春季近畿地区高等学校軟式野球大会 和歌山県予選」に出場しました。24日第一試合で桐蔭高校、25日準決勝で向陽高校と対戦し勝利、26日決勝戦で南部高校との試合に臨みました。試合は1対1のまま9回を終え、延長戦に突入。最終15回までもつれ込みましたが、15回表に南部高校に得点を許し、惜しくも準優勝となりました。 近畿大会への出場は叶わなかったものの、3日連続の試合の中、15回まで戦い抜いた選手の精神力は誇りに思います。今度は夏の選手権大会に向けて、選手一同さらに練習を重ねていきます。応援してくださった皆様、ありがとうございました。 (軟式野球部 監督 玉置將人) (軟式野球部 部長 田中 達)


2019年 4月 25日
       

4月25日(木)2学年マラソン学習会

   2学年では、本日マラソン学習会と題し、今年度の学年目標でもある「自主自律」のもと、体育館にて自学自習を行いました。笹井校長先生による激励に始まり、宮田先生の校歌指導、午後には3年6組担任の嶋本先生から進路講演として、「なぜ勉強するのか」や、現3年生のアンケートをもとに「進路の決め方」「2年生でやっておくべきこと」について話していただきました。
 学習会を終えて、生徒一同本当にマラソンを走り終えたかのような達成感と充実感を感じたことと思います。今日の経験を生かして自律した学習者となり、それぞれの進路実現に向けて歩み始め出すことを願っています。(2学年担任団)



2019年 4月 23日
       

4月23日(火)避難訓練

 4月23日(火)、大地震と大津波を想定した避難訓練を行いました。各HR教室から規定の校内避難経路により正面玄関前へ集合した全校生徒。生徒たちの素早い行動と先生方の的確な避難指示により、短時間で集合を完了することができました。その後、1年生クラス代表生徒・担任が高台への避難経路(校外天神山への二次避難)を確認しました。  来たる「南海トラフ大地震」に備え、一人一人が命を守る行動について意識を高め、臨機応変な対応ができるよう、今後も各種防災訓練を実施していきます。


2019年 4月 11日
       

中学生から高校生への第一歩!

 4月11日(木)午後から、一学年全体で集団行動・マナー指導を行いました。男女混合の一列縦隊から二列縦隊、男女別二列縦隊など素早く隊列を組み直すことや、挨拶練習を行いました。またレクリエーションでは、自己紹介を交えたプリントの手渡し方やモノマネジェスチャーゲームなどをして盛り上がり、みんなの表情から楽しさがにじみ出ていました。最後に校歌を元気よく歌いきり、半日を通して、生徒は一回りたくましく見えました。 
生徒指導 兵衛和樹


2019年 4月 9日
       

平成31年度 新任式・始業式・入学式

 4月8日(月)、新任式が行われました。本年度本校にお迎えした8名の先生方を代表して、亀井真竜教頭からご挨拶を頂き、生徒代表寒川泰地君が歓迎の言葉を述べしました。その後、新2・3年生による始業式が行われ、平成最後の1か月を含む新たな1年がスタートしました。
 午後からは入学式を行い、緊張した面持ちの新入生たちは、高校生としての自覚を胸に、笹井晋吾校長からの言葉に気持ちを引き締めていました。その後、クラス写真撮影や新しいクラスでの活動を行いました。
明日から、本格的な高校生活が始まります。焦らず、一歩一歩着実に進んでいきましょう。



2019年 4月 4日
       

平成31年度離任式

 本年度の人事異動に伴い、転任される先生方の離任式が行われました。教頭先生をはじめ、8名の先生方には大変お世話になりました。先生方一人一人からご挨拶をいただき、涙する生徒も数多くいました。お世話になった先生方に、耐久の校歌を大きな声で歌ってお送りし、離任式を終えました。今後の先生方のご活躍をお祈りいたします。
その後、新しいクラス及び担任を発表しました。新年度の始まりを実感する一日でした。


2019年 3月 30日
       

平成30年度修了式

本年度修了式を実施しました。校長先生は式辞の中で、この一年間の耐久生の頑張りを讃えるとともに、先日引退したイチロー選手の記者会見について触れられ、『自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つけて欲しい。それが見つかれば、イチロー選手のように、自分の前に立ちはだかる壁に向かっていける。』と激励されました。
生徒の皆さん、自分自身が夢中になれるもの、熱中できるものをぜひ見つけてください。

2019年 3月 29日
       

平成31年度耐久高校(全日制)聴講生の募集について


こちらをご覧ください。


2019年 3月 22日
       

よみがえるサミットの思い出

去る10月29日・30日に耐久高校で行われた“「世界津波の日」2018高校生サミットin和歌山”スタディーツアーの様子をまとめた展示を英語部の生徒たちが作成してくれました。展示場所は1号館1階ショーケース内です。当日の活気が伝わる展示となっておりますので、ぜひご覧下さい。

2019年 3月 18日
       

マンドリン部第42回定期演奏会のご案内

3月24日(日)午後2時(開場:1時半)から、海南市民交流センターにおいて、定期演奏会を行います。第1部はクラシック曲、第2部はポピュラー曲、第3部は卒業生の方々とともにクラシック曲を演奏します。
春風が心地良い季節です。お誘い合わせてお越し頂き、私たちが日々、力を合わせて練習した成果を聴いて下さい。ご来場を心からお待ちしています。

こちらをご覧ください。

(マンドリン部部長 中尾 百江)

2019年 3月 14日
       

耐久高校防災スクール 平成31年3月14日

 昨日、大きな地震が起こったから、この防災スクールをしっかり受けようと思いました。1本のロープを使って3種類の結び方を教えてもらいました。次に校舎3階から袋の中を通って下まで降りる訓練を体験しました。袋が思っていたよりも細くてすぐに落ちそうで怖かったです。次に起震車を体験しました。地震の恐ろしさがわかりました。毛布を使った担架を体験しました。最後に煙の中を通る体験をしました。
(1年1組 新田七海)

 
もし、起震車で体験したような揺れが急に起きたらと考えてみました。多分、今の私は準備不足だと思います。今日体験したことをきっかけに南海トラフのためだけでなく、色々な災害に対応できるような用意をしようと思います。防災スクールで学んだことを家族と一緒に共有し、自分の命は自分で守るということをみんなで徹底しようと思います。
(1年4組 永井杏)


今日の体験で思ったことは、とても簡単で自分たち高校生でも人の力になれそうだということです。実際災害が起こった時、今日学んだことを生かして少しでも多くの人を助けたいと思います。今日の体験が実際役に立つかどうかは自分次第だと思っています。率先して人の力になれるように行動したいです。災害について改めて見直せた貴重な体験でした。                           (1年5組 田中花歩)


2019年 3月 1日
       

讃えよ耐久 吾等が母校

 3月1日、第71回卒業証書授与式が挙行されました。ピリッとした雰囲気の中で、大きく響いた県民歌や校歌、クラス代表者の証書を受け取る姿勢、全体の揃った起立・礼など、卒業生たちは3年間の思いを胸に頼もしい姿を見せてくれました。これからは次のステージで耐久高校での学びを活かすとき。
(3学年主任 兵衛和樹)



2019年 2月 27日
       

耐久高等学校(全日制・定時制)学校運営協議会開催


こちらをご覧ください。


2019年 2月 14日
       

マンドリン部 アンサンブルコンテストを終えて...

 毎年本校で行われている『和歌山県高等学校器楽アンサンブルコンテスト』が、今年度は2月3日(日)に開催されました。和歌山大学のマンドリンクラブの方々に審査をして頂くということで、たいへん緊張しましたが、各々が練習の成果を発揮することができました。お褒めの言葉と多くの助言をくださいました審査員の皆様、本当にありがとうございました!
 さて、私たちマンドリン部の次の目標は、3月24日(日)海南市民交流センターで行われる『耐久高校マンドリン部第42回定期演奏会』です。精一杯練習に励み、良い演奏会にしたいと思いますので、是非お越しください。
(マンドリン部 部長 中尾 百江)


2019年 2月 13日
       

1月30日~2月1日 修学旅行 沖縄へ行ってきました

 2泊3日の日程で、沖縄本島への修学旅行を実施しました。晴天に恵まれ、気温も20℃を超える日が続きました。1学年155名の生徒たちは、1日目に平和学習、2日目にクラス別でマリン体験、3日目にタクシーでの自主研修を行いました。和歌山とは異なる沖縄の歴史・文化・自然に触れ、生徒たちは普段できない貴重な体験をすることができました。(1学年団・玉置)


生徒の感想はこちら


2019年 1月 24日
       

1月22日(火)絶好のマラソン日和

 朝の雨も上がり、寒さが緩んだ絶好のマラソン日和の下、校内マラソン大会が実施されました。男子は9㎞、女子は6㎞のコースを1・2年生が駆け抜け、男子は下村佳生(1-3)、女子は栗田知幸(1-5)が優勝しました。順位や好タイムを狙う生徒も、走るのが苦手な生徒も、最後まで諦めずに走る姿が爽やかでした。

2019年 1月 21日
       

センター試験、リサーチ、そして2次(個別)試験へ。

 一日目は暖かく、二日目は小雨でしたが、例年に比べ暖かい気候。緊張した様子でセンター試験に128名が受験しました。本日は自己採点のリサーチ、この結果を基に今週末には出願決定の面談が行われます。センターモードから一転、気持ちを切り替えて2次(個別)試験の受験科目に絞った学習に集中!あとは気持ちで乗り切る!!
(3学年主任 兵衛和樹)


2019年 1月 13日
       

1月13日 湯浅町成人式

 私たち合唱部は1月13日に湯浅町の成人式にアトラクションとして参加させていただきました。町の厳粛な式に呼んでいただき、歌うことができとても貴重な経験になりました。
曲目は「アメージング・グレース」や「いのちの歌」など、命の大切さがメッセージの3曲を、とても緊張しましたが心をこめて歌いました。地域の先輩方の前で発表し、とても良い経験になりました。ありがとうございました。
合唱部 2年 中平 千裕


2019年 1月 8日
       

バドミントン部 全国選抜大会出場決定

 12月25日~27日に滋賀県で行われた近畿選抜大会に出場しました。結果は、男子ダブルスで岩橋・柏木が準優勝、男子シングルスで岩橋が3位となり、3月に行われる全国選抜大会への権利を勝ち取りました。出場するという目標は達成したので、次は選抜大会でベスト8という高い目標に向かって頑張ります。引き続き、応援宜しくお願いします。
バドミントン部男子キャプテン 岩橋 稜典


2018年12月 19日
       

12月11日 母校の金屋中学校を訪問しました

 今日の中学校訪問に行って、中学生の皆さんに耐久高校の魅力について話をさせていただきました。金屋中学校の3年生の皆さんはすごく仲が良く、真剣に私たちの話を聞いてくれ、さらに多くの質問もしてくれました。また、質問の中には、入学後の学校生活で不安に思うことについての質問もありました。私もはじめは不安でした。しかし、一歩進んで入学してみると、最初は慣れない環境に多少戸惑いましたが、現在はとても充実した高校生活を送れています。きっと周りの同級生も同じだと思います。
 最後になりましたが、中学生のみなさん、高校を選ぶ際、自分に合っているかはもちろんですが、その先の進路もよく考えた上で決めることが大切です。受験まであと少し、頑張ってください。ありがとうございました。
2年5組 上前真之介

2018年12月 11日
       

母校訪問、耐久高校をPR、私たちにも良い経験。

12月6日(木)に私の母校である吉備中学校へ、耐久高校をPRするために訪問させていただきました。人前で発言することは苦手で、緊張してなかなかうまく話せませんでしたが、アドリブを活かせたことや、一緒にペアになった友達のフォローアップや場の雰囲気に助けられ、中学生がしてくれた質問にはきちんと答えられてPR出来たと思います。
今回の母校訪問で、私はもっと人前で話す力を身につけたいと感じました。中学生には高校生の学校生活を聞いてもらったのですが、発表した自分たちも高校生活を見つめ直し、発表させてもらえる貴重な体験になりました。中学生の後輩たちには是非耐久高校を受験して、一緒に高校生活を過ごしたいと願っています。(2年6組 大橋結人)

2018年12月 6日
       

耐久高等学校(全日制・定時制)学校運営協議会開催



こちらをご覧ください。


2018年11月 19日
       

空手道部、近畿・全国選抜大会出場


 11月10日(土)・11日(日)に、県高校空手道新人大会が行われました。日頃の練習の成果が出て、団体形で優勝、個人組手-61㎏級で則松昇汰(2-6)が準優勝、また団体組手でも4位で近畿大会出場を決めました。団体形は、全国選抜大会(和歌山開催)の出場権も得ました。私たちは、放課後の少ない時間を有効に使って練習をしています。自分たちで練習内容を工夫し、1月の近畿大会、3月の全国選抜大会に向けて頑張るつもりです。応援よろしくお願いします。(空手道部一同)


2018年11月 13日
       

卓球部 新人戦に行ってきました!


卓球部は、11月9日〜10日に白浜町立総合体育館で開催された平成30年度和歌山県高等学校新人卓球大会に出場しました。女子ダブルスの部で木地・杉原がベスト16。女子個人の部で、岩城、木地、杉原、松本がベスト32。次回は今以上の結果を求めて、頑張っていきます。これからも応援よろしくお願いします。




2018年11月 11日
       

湯浅町避難訓練に参加しました!


11月11日(日)、午前9時に大地震発生とこれに伴う大津波警報発令を想定した避難訓練が実施されました。本校は一次避難場所に指定されており、部活動中の部員も地域の方々と一緒に1号館の屋上まで避難し、地域とともに防災活動の一端を担う大切さを再確認しました。



2018年11月 8日
       

読書に親しむひととき「全校一斉読書会」


校内読書旬間中の11月8日、ロングホームルームの時間を使って全校一斉読書会を行いました。昨年に続き、クラス全員でビブリオバトルをして、クラスのチャンプ本を決めました。図書委員の進行のもと、班の中で本を紹介しあい、一番読みたくなった本を選んで班代表を決め、次に班代表が前に出て本を紹介しました。皆が思い思いの本を紹介し、クラスのチャンプ本が決まった時には大きな拍手が上がりました。
普段は勉強やクラブで忙しく、なかなか読書の時間を確保することが難しいですが、この読書会が、今まで知らなかった本に出会い、実際手に取るきっかけになりました。(学校司書 大藤佐和)



2018年11月 7日
       

陸上競技部 女子近畿高校駅伝出場を決める


11/3(土) 日高川町で行われた女子和歌山県高等学校駅伝競走大会において第5位に入賞し、近畿大会出場の切符を勝ち取ることができました。長距離が専門ではないメンバーも含め、辛いときも心が折れそうなときもみんなで支え合いながら練習を頑張ってきました。近畿大会では、これまでご指導いただいた先生方やコーチ、OBの方々、応援して支えてくれた家族や仲間への感謝の気持ちを忘れず、メンバー全員の思いを襷に込めて走りたいです。そして、自分たちが目標としているタイムをクリアできるよう、一人一人が全力を出し切って頑張ります。(2年5組 川神茜音)



2018年11月 7日
       

男子ソフトテニス部 近畿大会出場権獲得!


男子ソフトテニス部は、11月2日~3日に白浜町営日置川テニスコートで開催された平成30年度和歌山県高等学校ソフトテニス新人選手権に出場しました。団体戦ではベスト8。個人戦では、2年生 楠間・濃中ペアがベスト16で県高校インドア大会・近畿インドア大会への出場を決めました。選手たちは誰もが精一杯に戦い抜きました。これからも応援よろしくお願いします。




2018年11月 2日
       

11月2日 第51回校内縄跳び大会


 耐久高校といえば縄跳び。僕は入学してから、授業やクラブ活動でも体力づくりのために縄跳びに取り組んできました。そして、初めての縄跳び大会、思ったよりとてもハードでしたが584回という記録で優勝することができました。クラスだけでなく学年のみんなの声援がとても嬉しかったです。来年は、同じバドミントン部の先輩の1509回という記録を目標に頑張りたいと思います。 1年下村 佳生




2018年11月 2日
       

「世界津波の日」地震・津波避難訓練


「11月5日世界津波の日」に和歌山県全域で実施される地震・津波避難訓練。
 本校ではそれに先立ち11月1日に避難訓練を実施しました。校内に鳴り響く緊急地震速報に素早く反応し、各自が教室内の机の下に入り身を守るシェイクアウト訓練。その後、校舎損壊なしの想定で、定められた避難ルートに従い1・2号館3・4階の所定位置に、全校生徒がクラスごとに避難しました。生徒たちの迅速な行動と担任→主任→教頭(本部)への情報伝達もスムーズに行われました。避難解除指示の後、HR教室で「世界津波の日」のパンフレットが配布され学習しました。
 将来予想される「南海トラフ巨大地震」を含めた危機への対応力と生徒一人一人の防災意識を高めるよい機会となりました。




2018年11月 2日
       

高校生サミット・スタディツアー in 耐久(3)


クラス交流【スリランカ(29日)、チリ(30日)】

クラス交流を通して、世界の人々の文化を知ることができました。海外の高校生とコミュニケーションをとることは楽しかったですが、難しさも身にしみて感じました。とてもよい機会になり、今後の学校生活に生かしていきたいです。
2年5組 上前真之介

世界にはたくさんの人々が暮らしており、言語も生活習慣も全く違います。そんな人々が1つの地球で暮らしていくには、異文化理解が必要だと思います。そのために、話をしてコミュニケーションをとることが大切だと改めて感じました。今回のクラス交流では、国と国とをつなぐ架け橋を築くことができたと思います。いろいろな国の人と話す楽しさを実感できたと思います。
2年5組 竹井起来



2018年11月 1日
       

高校生サミット・スタディツアー in 耐久(2)


クラス交流【トルコ(29日)、フィリピン(30日)】

初めて年齢の近い外国人と話してみて、学べた事がたくさんありました。高校生サミットで外国人の人達と交流すると聞いた時は、どんな人が来るか想像がつかず不安でいっぱいでした。でも実際に話してみると、優しい人ばかりで、色々な国の文化を知る事ができました。この2日間、海外高校生と楽しく話すことができ、とても貴重な体験ができてよかったです。
(1年1組 西原 葵)






クラス交流【ポルトガル(29日)、タイ(30日)】

今回の「高校生サミットスタディツアー」が本校で開催されたおかげで、海外の生徒や先生と話す機会が得られ、とてもよい経験ができました。お互いに第2言語として英語を学んでいるのですが、伝えたい内容を思うように英語にできず、意思の疎通が難しく感じられました。この経験を生かして、今後は外国の方と以前よりも積極的にコミュニケーションを取っていこうと思いました。
(2年3組 吉川瞭冴)


2018年10月 30日
       

高校生サミット・スタディツアー in 耐久


 2日間の高校生サミットを通して,英語の重要性を学びました。多くの海外の生徒とコミュニケーションとることができたこの経験を生かして,より英語の学習に励みたいです。また,このサミットで学んだ「津波」に関する知識をより多くの人々に伝えたいです。本当にこのサミットに参加することができてよかったです。貴重な経験をありがとうございました。
(1-4 川乘 沙也花)






『文化交流(空手道)』(10月30日 武道館)

 「空手文化交流」にトンガ、ベネズエラ、ミャンマーの3か国が参加。
 本校空手部員による模範演技(団体形・個人形・組手)を披露。その後、国別に分かれて、演技指導に入りました。最初はとまどっていた海外留学生たちでしたが、後半は「オイ!」「アチョー!」の大きなかけ声とともに、熱のこもった演舞を見せてくれました。
 最後に3か国対抗「団体形」大会を開催。3かカ国同点優勝という結果で終わり、楽しい交流となりました。




帯同班 
 英語で海外高校生を案内することに、最初は不安しかありませんでしたが、根気強く話しかけるうちに互いに気持ちも通じ合うことができ、自信につながりました。「日本のことをとても尊敬しています。」と言ってくれた生徒もいて、誇りを感じることもできました。この日の思いを忘れずに、ますます高校生活を充実させていきたいと思います。(1年2組 松岡将輝)


2018年10月 29日
       

ついに耐久高校で開催!!「世界津波の日」2018高校生サミットin和歌山スタディーツアー

 本日から「世界津波の日」2018高校生サミットin和歌山スタディーツアーが、ここ耐久高校おいて2日間にわたって行われます。世界48か国・地域の高校生が地震・津波への備え等の防災・減災を学ぶというプログラムです。
午前中は体育館にて歓迎セレモニーが開かれ、耐久高校生による歓迎スピーチや基調報告、海外高校生代表のスピーチなどが行われました。その後はクラス・クラブを通じての文化交流が行われ、午後からは歴史と伝統のある湯浅の町並みを紹介するため、耐久生主体によるフィールドワークが実施されました。
生徒はこの日のために湯浅と広川の歴史を学び、それを英語で伝えるための訓練を行ってきました。留学生は湯浅の古い町並みや重要文化財などを見学したり、「稲むらの火の館」などを訪れたりして生徒の説明に熱心に耳をかたむけていました。耐久の生徒たちにとっても普段あまり接することのない国の高校生と話をすることで、大変貴重な経験となりました。この経験を明日へと繋いでいきたいと思います。



2018年10月 20日
       

学校説明会を開催しました!

 10月20日(土)、本校の学校説明会を開催しました。
まず、全体会では、耐久の学校生活やクラブ活動での活躍の様子をパワーポイントや動画で説明させていただきました。その後、中学生は各教科の授業に参加して、本校での学習の様子を体験しました。また、保護者や中学校教員の方々には、これまでの進路実績についてお話しさせていただきました。中学生たちは、体験授業の後、クラブ活動を見学し、有意義な時間を過ごしました。






美術体験授業で藍染め

耐久高校の学校説明会で中学生のみなさんに美術の授業を体験してもらいました。
内容は、日本では馴染みのある「藍染め」です。まず参加者は、藍染めについての歴史や知識を学び、そしてハンカチを輪絞りや板絞りなどで絞り染めし、伝統的な藍染めを体験しました。絞る位置や技法でそれぞれの模様に違いができ、藍色と白色のコントラストがとてもきれいに出たと思います。 
         (芸術科美術 大久保)

2018年10月 16日
       

先輩方から学ぶ

 12名の卒業生の方々を講師にお迎えして、第4回志学ゼミを開催しました。 「大きい目標を持てば、物事に対する思いは変わり、行動も変わる」 「日々の生き方が将来の自分になる」「“成功”の反対は“何もしないこと”」 「やり切ったという経験をする」「この瞬間の積み重ねが将来の自分になる」 講師の方々の言葉を胸に、次の1歩を踏み出します。 (第1学年生徒一同)



2018年 9月 21日
       

体育大会を終えて

 今年の体育大会は当日が雨で翌日に延期になりました。翌日のグランドコンディションは最悪でしたが、早朝から体育委員やクラブ部員、また有志生徒が力を合わせてグラウンド整備を行い、無事に体育大会を実施することが出来ました。
 先日のクラスマッチの疲れがある中で、クラス全員が一致団結し、競技や応援に全力で取り組んだ結果、私たちの赤ブロックは優勝することができました。
 また、2年5組は文化祭、クラスマッチ、体育大会と三冠を達成できたことが一番嬉しかったです。
                       2年5組 山村優明


2018年 9月 19日
       

クラスの絆を深めた「クラスマッチ」

 秋の晴天にも恵まれ、無事にクラスマッチを実施することができました。今年はフットサル、ポートボールと新たに実施した種目もあり、生徒たちは大いに盛り上がっていました。結果は1年4組、2年5組、3年4組が1位となりました。どのクラスの生徒も懸命に競技に取り組み、一丸となって応援し、クラスの絆はより一層深まりました。この勢いを今後の学校生活へと繋げていってほしいと思います。 (生徒支援部長 岸山)


2018年 9月 5日
       

H30 耐久高等学校 学校説明会の開催について

今年度も、学校説明会を下記により開催いたしますので、ご案内します。

  🔶学校案内(中学生用)
  
  🔶学校案内(中学校進路担当者用)
2018年 8月 23日
       

サッカー部 夏合宿(8月8日~11日)

 奈良県吉野郡下北山村にあるスポーツ公園にて2泊3日、その後新翔高校に移動して1泊2日の合宿を行いました。「普段とは違う環境の中でどれだけ自分たちを追い込めるか」をテーマとして早朝からの走り込み、3部練のトレーニング、食事面・身体づくり面での意識向上など、秋の選手権大会に向けてチーム力を高めました。合宿の仕上げに新翔高校にて練習試合を行い、充実した合宿になりました。 (サッカー部顧問 兵衛和樹)




2018年 8月 22日
       

マンドリン部 全国コンクールで優良賞、2018信州総合文化祭に出場

 私たちマンドリン部は、7月26日、27日に行われた全国ギター・マンドリン音楽コンクールにおいて、優良賞を受賞しました。今回は、吹田市のメイシアター大ホールが災害のため使用できず、会場が変更となりました。慣れない会場でしたが、日頃の練習の成果を発揮し、一丸となって演奏することができました。
 また、今年は、8月8日、9日に長野県で行われた2018信州総合文化祭にも参加しました。初めての出場で少し不安もありましたが、全国コンクールの反省を活かして、トレモロやストロークの数をパートごとに合わせることにより、さらに一体感のある演奏をすることができました。また、演奏の前日に行われた交流会のクイズ大会では、100点中90点の成績を収めることができました。
 来年度の全国コンクール、総合文化祭に向けて、部員一同さらに技術に磨きをかけていきます。応援してくださった皆様、ありがとうございました。
(マンドリン部 部長 中尾百江)


2018年 8月 21日
       

8月4日  中学生対象サッカー教室

有田郡市の4つの中学校に所属する、総勢40人のサッカー部生対象にサッカー教室を行いました。高校生に交ざってトレーニングする中で、初めは緊張していましたが、トレーニングが進むにつれ、目を輝かせている生徒、必死で食らいついていこうとする生徒などの表情から、普段とは一味違うサッカーを体験できたのではないでしょうか。高校生にとっても「中学生に伝えるのは難しかったけど楽しかった」と良い経験をさせていただきました。
(サッカー部顧問 兵衛和樹)




2018年 8月 20日
       

美術部 美術館鑑賞in大阪

夏休みを利用し、美術部員で大阪の国立国際美術館の「PUSHKIN美術館展」、堂島リバーフォーラムの「川 千住博×teamlab展」、あべのハルカス美術館の「チームラボ学ぶ!未来の遊園地」を鑑賞、体験してきました。プーシキン美術館展ではロシアの美術館が収蔵している美しいフランス絵画作品を鑑賞することができました。またチームラボさんは、現在、日本の最先端のデジタルアート作品を制作されています。体験型の動く絵画に触れることができ、今の美術を感じることができました。これらは、どれも素晴らしい作品ばかりで、美術部員はこれから油絵作品に挑戦していくので、この体験を力に変えてそれぞれの作品に挑んでいきます!              (美術部顧問 大久保)




2018年 8月 17日
       

耐久高等学校(全日制・定時制)学校運営協議会開催

こちらをご覧ください。
2018年 8月 6日
       

平和学習

 73年前の今日、広島に原子爆弾が投下され、多くの犠牲者を出しました。依然、戦争や核兵器がなくならないこの状況の中、戦争を経験した世代の高齢化が進んでおり、やがてはそうした方々から直接話を聞くことができない日がやってきます。今回の平和学習で、生徒たちは広島、長崎に原爆が投下された当時の被害状況を学び、今後は自分たち、若い世代が平和を維持していかなければならないことを改めて意識しました。 今後、原爆が使用されたという悲劇を二度と繰り返さないためにも、まずは若い世代が平和について考え、知識を深める事が必要です。今回の平和学習がそのきっかけとなればと思います。 生徒支援部長 岸山 裕之



2018年 7月 24日
       

自律した学習者に

 2日間で合計約12時間に及ぶ自学自習勉強会を実施しました。参加生徒は黙々と自分がすべき課題に向き合い、いい表情で終えることができました。高校生活初めての夏休みです。自分の目をごまかすことなく厳しさももって、勉強にクラブ活動にと汗を流してもらいたいと思います。充実感は顔に表れます。(1学年主任 岡本)


2018年 7月 19日
       

「世界津波の日」高校生サミットin和歌山に向けて始動!

 10月29日(月)、30日(火)の2日間にわたり、耐久高校で行われる「世界津波の日」高校生サミットのスタディツアーに向けて、第1回オリエンテーションを開催しました。ボランティアとして参加する1年生119名、2年生53名の有志生徒たちは、サミットの意義、活動内容、役割分担などについての説明に真剣に聞き入っていました。世界中の高校生と交流できるまたとないチャンス。さあ、自分の殻を破って世界に羽ばたこう!


2018年 7月 17日
       

避難訓練を実施しました。

 7月17日(火)、校舎を損壊させるほどの大地震と大津波を想定した避難訓練を行いました。連日、猛暑が続いていますが、自然災害は季節を選んでくれません。生徒の素早い行動で、正面玄関前への移動を短時間で終えることができました。その後、クラス代表生徒が高台への避難経路を確認しました。今後も、一人一人が命を守る行動について意識を高め、臨機応変な対応ができるよう訓練を実施します。


2018年 7月 7日
       

文化祭 記事掲載

 本校の文化祭の様子が、湯浅町教育委員会発行の『すまいる』に掲載されました。
多数のご来場ありがとうございました。
(記事はこちら
2018年 7月 3日
       

7月 壮行会

 本日で期末考査が終了し、その後、クラブ壮行会が行われました。硬式野球部、吹奏楽部は県大会に、水上競技部、男女ソフトテニス部、陸上部、柔道部は近畿大会に、マンドリン部、バドミントン部、空手道部は全国大会に出場します。暑さに負けず、生徒達は元気よく大会に向けての抱負を語ってくれました。これまでの練習の成果を十分に発揮し、悔いの残らない大会にしてほしいと思います。頑張れ耐久生!!
生徒支援部長 岸山

2018年 6月 20日
       

『文化祭一般公開』…多くのご来場ありがとうございました!

 本年度より、文化祭を一般公開しました。当日、6月14日(木)は好天にも恵まれ、耐久高校生の活気ある姿を多くの地域の皆様に見ていただくことができました。
 来場者数は700名を超え、昨年度を大きく上回り、大変盛況となりました。
 多くのご来場ありがとうございました。


 天候にも恵まれ、無事に3日間の文化祭を終えることができました。今年の文化祭テーマである「NEXT STAGE 〜さよならcomplex〜」のとおり、生徒たちは自分の短所や弱さといった課題と向き合い、新たな力を身につけることで、本番では素晴らしい展示や発表を見せてくれました。クラス、クラブでの絆を深めるという点においても大きな役割を果たした文化祭でした。また、今年は一般公開をさせていただき、多くの方々に日頃の耐久高校生の活動を見てもらうことができました。この勢いを良い形で次の期末考査へと繋げてほしいと思います。
                         生徒支援部長 岸山


 
 梅雨の時期にもかかわらず晴天に恵まれ、文化祭2日目を無事に終えました。展示や舞台発表などの催し物で校内は盛大に盛り上がりました。中でも3年生の模擬店では、工夫を凝らした食品を食べてもらおうと、勢いのある声が飛び交っていました。この日のために、限られた準備期間でクラスが一致団結し取り組んできた様子が目に浮かびます。この文化祭で得たさまざまな経験を今後の学校生活、社会生活に生かしていければ、と思います。                             3年担任 中南



 短い準備期間のなかで、衣装・大道具の準備を遅くまで残ってしてくれたクラスメイト。本番が近づくにつれて何度も台詞合わせをしたクラスメイト。この2週間でクラス内の関わりや団結力がより一層深まったと思います。
 本番では、観客が笑って盛り上がってくれていたのでとても嬉しかったです。また、最優秀賞という結果を残すことができたのは、クラス一人一人の努力があったからだと思います。この喜びをクラスみんなで分かち合い、これからの行事も5組のみんなと頑張っていきたいと思います。
                        2年5組 中上 未悠

       

 高校生になって初めての文化祭。テーマは「NEXT STAGE 〜さよならcomplex〜」で、それぞれが自分のコンプレックスと向き合い、見つめ直すいい機会となりました。
 中学生の時とは異なり、生徒が中心となって文化祭をつくり、また、成功に向け一致団結することで絆が深まりました。この絆を大切にし、これからもクラスみんなで勉強や行事などに取り組んでいきたいと思います。                           1年4組 平林 里那
2018年 6月 17日
       

和歌山未来塾に参加しました!

『神﨑亮平先生(東京大学先端科学技術研究センター所長)の講演を聴いて』

私は、参加するまで、この内容についてはあまり関心を持てていませんでしたが、話を聴いていく中で段々と興味がわいてきました。一番印象に残っているのは、「昆虫力を活かす技術」というフレーズです。昆虫が匂いを検出する力を応用して、特定の匂い(物質)を見つけ出す“警察昆虫”をつくる研究の話を聞き、昆虫にはもっとたくさんの可能性があるかもしれない、とワクワクしました。昆虫の脳の研究によって、人間社会が今以上にたくさんの恩恵を受ける、そんな未来が少し楽しみになってきました。
1年1組 雑賀悠真
2018年 6月 11日
       

6月14日(木) 文化祭を一般公開します!

 今年は、耐久高校文化祭を一般の方々に公開します。公開は、6月14日(木)の9:30~14:30です。正門を入ったところで、受付をお願いします。なお、車の乗り入れはお断りしますのでご了承ください。
今年の新しいイベントとして、「地域交流会」と「中庭コンサート」を企画しました。
みなさまのご来校をお待ちしております。
 詳細はコチラをクリックしてください。
2018年 6月 5日
       

県総体から近畿大会へ! 水上競技部

総体へ出場し、競泳・水球とも近畿大会出場の資格を得ました。

総体(競泳)女子団体2位
女子400mメドレーリレー 第2位 (中尾 生駒 日野 山村) 近畿大会出場
女子400mリレー     第2位 (生駒 日野 中尾 東村) 近畿大会出場
坂下 玲奈(3年)女子100m平泳ぎ 第8位 近畿大会出場
 女子200m平泳ぎ 第6位 近畿大会出場
日野 遥香(3年)女子100mバタフライ 第3位 近畿大会出場
 女子200mバタフライ 第2位 近畿大会出場
生駒 有起(3年)女子50m自由形 第2位 近畿大会出場
 女子100m自由形 第4位 近畿大会出場
倉本 紗綾(3年)女子400m自由形 第5位 近畿大会出場
 女子200mバタフライ 第3位 近畿大会出場
中尾 舞美(2年)女子200m背泳ぎ 第2位 近畿大会出場
 女子100m背泳ぎ 第4位 近畿大会出場
山村 優明(2年)女子200m背泳ぎ 第4位 近畿大会出場
女子100m背泳ぎ 第2位 近畿大会出場
東村 花(1年)女子200m個人メドレー 第5位 近畿大会出場

男子水球 準優勝 近畿大会出場(8年連続)
石原 楓(3年)主将
出口 雄大(3年)
江川 陽晴(2年)
坂本 光(2年)
的場 健人(2年)
佐原 詢之佑(2年)
竹中 洋介(1年)
新屋 順生(1年)

近畿大会は秋葉山公園県民水泳場(秋葉山プール)にて
7月19日(木)~21日(土)水球
7月22日(日)~25日(水)競泳 が行われます。
ベストを尽くし、目標のインターハイ出場に向けて頑張ります。

2018年 6月 5日
       

空手道部・奥田崇貴君が3年連続インターハイに出場

6月2日(土)・3日(日)に行われた県高校総体の個人形競技で、奥田崇貴君が優勝しました。優勝は2年連続、インターハイ出場は3年連続です。過去2度は初戦敗退なので、高校最後の大会となる岐阜大会では、初戦を突破してもらいたいです。応援よろしくお願いします。また、最大の目標としてきた団体組手優勝については、準決勝敗退のため達成できませんでした。それでも、第3位という3年生にとって過去最高の結果を残すことができました。
2018年 5月30日
       

総体に向け、好発進 水上競技部

第71回和歌山県高等学校選手権水泳競技大会水泳大会競泳・水球の部に出場しました。

競泳部門
個人
日野 遥香(3年) 女子200mバタフライ第1位、女子100mバタフライ第2位
中尾 舞美(2年) 女子200m背泳ぎ第1位、女子100m背泳ぎ第3位
生駒 有起(3年) 女子50m自由形第2位
倉本 紗綾(3年) 女子200mバタフライ第2位
女子400mリレー(生駒・日野・中尾・西谷)第2位、
女子400mメドレーリレー(中尾・生駒・日野・西谷)第2位、
女子800mリレー(生駒・日野・中尾・西谷)第2位、
となり、女子団体2位の成績を収めることができました。

水球部門
準優勝

総体および今年度和歌山県で開催される近畿大会(インターハイ予選)への出場に向け、最大限努力したいと思います。(水上競技部顧問 酒井)
2018年 5月29日
       

先輩に話を聞く会 / 上級生として教える

  3年生の先輩方に話を伺う中で、まず感じたのは受け答えの丁寧さです。礼儀がきちんと身に付き、普段からとても挨拶ができる先輩方を見習い、私も行動していきたいと思いました。学習に関しても、アドバイスをいただいた「学年+1時間」にこだわり、粘り強く頑張っていきます。(1年5組 田中花歩)

苦手科目の内容に対しては、日々の小テスト勉強や確認テストでしっかり理解しておくことが重要だと伝えました。3年生になったときのことや進路について1年生が考えておくこと、私たちが3年間の日々の中で感じたことを伝えられる機会があったのはとても良い事だと思いました。(3年6組 岩上佐恵)

オープンキャンパスにもっと行っておけば良かったこと、勉強はしっかりと計画を立てて取り組めばよかったことなど、自分が後悔していることを伝えました。1年生には、高校生活を振り返ったときに、後悔のないようこれから頑張って欲しいです。(3年6組 川口健太)
2018年 5月18日
       

耐久高校を知る...進路・学習・部活動等ポスターセッション

 本日PTA総会が行われました。その後、本校の取組について、進路・学習・部活動等の3つのセクションに分かれ、ポスターセッションが行われました。耐久高校を知っていただくことを目的にしたこの取り組みも、今年で3年目になります。担当者の熱心な説明に、保護者の皆様も真剣に聞き入っていました。今後も、保護者の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
2018年 5月18日
       

“耐久生”になった実感

 入学して初めての大きなイベントである“ロングハイキング”では、クラスの絆を深め、学年としてひとつの輪を築き上げることができました。今後の高校生活をともにする友達と励まし合いながら長い道のりを完歩できたことは自信となり、ずっと忘れられない思い出となりました。
入学して1か月半。初めての定期考査も終え、文武両道の大変さを実感していますが、1人1人が耐久生としての自覚を持ち、これからも学年一丸となって頑張っていきます。  
(ロングハイキング実行委員長 濵野楓夢)
2018年 4月27日
       

2学年遠足(大阪市内散策)

 私達2年6組は、遠足で大阪にある万博記念公園と、その公園に隣接しているEXPO(エキスポシティー)に行きました。万博記念公園で、スワンボードに乗ったり、皆で写真を撮ったりするうちにクラスメイトとの距離が一気に縮まりました。EXPOでは、事前に決めていたグループで買い物をするなどEXPOを十分に満喫することができました。遠足を終え、私はこのクラスで1年間過ごしていくのが楽しみになりました。  
(2年6組 和田 千優)


2018年 4月27日
       

4月27日に京都へ遠足に行きました

 4月27日に京都へ遠足に行きました。私達は、まず北野天満宮に行き、クラス全員で合格祈願をしました。それから立命館大学を訪問しキャンパス見学を行う中で、やがて来る受験をひしひしと実感しました。その後、各班に分かれて京都市内を自由散策し、町並みや建造物などから文化や歴史を感じ充実した一日になりました。今回の遠足を通して受験生であることを実感し、仲を深めたクラスメイトと共に一年間お互いに切磋琢磨し、成長できるように頑張りたいと感じました。  
3年5組 松下史佳



2018年 4月26日
       

独習合宿

 2年生全員が体育館で一斉に学習する「独習合宿」が行われました。独習とは、自分一人で学習することです。生徒達は事前に立てた計画をもとにして、自分の目標を達成するために集中して学習に取り組むことができました。また、独習の間に行われた学び合いの時間には、生徒同士でわからないところを教え合ったり、問題を出し合ったりと、協力して学習することもできました。2年生にとっては初めての独習合宿でしたが、よい経験となりました。
2018年 4月 6日
       

新任式・始業式と入学式・対面式

新転任された6名の先生をお迎えする新任式が行われました。代表して川久保尚志教頭からご挨拶を頂き、生徒代表嶋田浩希君の歓迎の言葉がありました。その後、新23年生による始業式が行われました。
 午後からは入学式・対面式を行いました。笹井晋吾校長は本校の校訓「真・健・美」について解説され、「自らの能力を高め、自己をしっかり管理し、立場や状況を認識できる人になってほしい」と新入生に語りかけました。対面式では、生徒会執行部とクラブキャプテンによるあいさつ・マナー指導と校歌指導が行われました。生徒会長衛藤直幸君の指揮で、全校生徒による校歌が体育館中に大きく響きわたりました。
2018年 4月 4日
       

平成30年度 離任式

 今年度の人事異動に伴い、退職・転出される先生方の離任式が行われました。
 校長先生の紹介のあと、離任される先生方からそれぞれご挨拶を頂きました。生徒代表三ツ村直也君の挨拶と各先生への花束贈呈。そして最後は、皆で心を込めた校歌斉唱を贈りました。先生方の新天地でのご活躍をお祈りします。
 また本日新2・3年生のクラス・担任も発表されました。いよいよ新年度のスタートです。

更新履歴新着情報

このページの先
アクセスありがとうございます。

あなたは Counter人目の訪問者です。

since 2015.8.11


copyright©2015 Taikyu Senior High School all rights reserved.
和歌山県立耐久高等学校のホームページの内容の一部または全部を、無断使用することは固く禁じます。
また、印刷物への無断転載・借用についても固く禁じます。